ドッグフード

犬心シリーズの口コミがわかる!悪評の口コミから良い評判全てを暴露

犬心は飼い主さんの悩みごとに選べる、6つのラインナップがあります。

今回はそんなワンちゃんの病気や体質などに合わせて選べる犬心について、ラインナップそれぞれの基本情報や口コミをご紹介していきます。

犬心の口コミの前に基本情報をご紹介!

犬心・低たんぱくバランス

なぜ低たんぱくの食事は腎臓・尿路・肝臓ケアによいのかというと、高たんぱくのフードは腎臓などに負担がかかります。

犬心の低たんぱくバランスは、腎臓・尿路・肝臓ケアについてぴったりのドッグフードです。

腎臓病、結石、肝臓病にの病気に対応している!

低たんぱく・ミネラルコントロール・総合栄養バランス・冬虫夏草&ブルーベリー茎の4つの健康のポイントで、病気のワンちゃんを支えてくれます。冬虫夏草とブルーベリー茎は相性が抜群です。その2素地を配合し、腎臓・尿路・肝臓へしっかり対応してくれます。そして、犬心は安心して長く続けられることをコンセプトにしているため、飼い主さんも心配することなく使用していただけます。

犬心の低たんぱくバランスは、なんと10,000パターン以上のテストを実施しており、その研究期間は15年間にも及んでいます。その研究成果として、栄養バランスを偏らせることなく、腎・尿・肝&併発疾患に合わせて病気のケアもできるようなフードが誕生したのです。

犬心シリーズのラインナップをご紹介!

犬心・元気キープ

犬心・元気キープは「がん・腫瘍」のケアに特化したドッグフードです。

がん・腫瘍には【糖質制限】【高オメガ3脂肪酸】【腸の健康・免疫力キープ】【良質なタンパク質・アルギニン】などの課題があります。その課題に対応したフードこそが犬心・元気キープです。

材料は生牛肉・生鶏肉・生牛肉をベースに、臨床試験に基づいた「がん・腫瘍」のトラブルに対応しています。

発売から現在まで、なんと4000頭以上のワンちゃんに継続して食べられています。これは2017年7月現在のことですので、今ではさらに頭数が植えていることでしょう。

人間でも、がんや腫瘍などの病気になってしまった場合には食事にも気を付けなければ、と思いますよね。ワンちゃんにとっても食事はとても重要です。

理由は様々ですが、大きく上げると、4つあります。犬心のおすすめポイントに合わせて紹介していきます。

1つ目がんや腫瘍は体力や栄養を奪います。特にがんは糖質を餌とし、成長します。がんや腫瘍の病気になってしまうと、人間もワンちゃんも糖質制限が非常に有効となります。犬心・元気キープは糖質制限に特化しており、糖の吸収をブロックする食物繊維バランスを採用しています。そしてがんや腫瘍の餌となりにくい大麦・玄米を厳選しています。この厳選により、がんや腫瘍が栄養不足になります。

2つ目は脂肪はがんが利用することができず、犬のエネルギーの源となります。その中でも、オメガ3脂肪酸はがんケアの成分となっており、犬心元気キープは、オメガ3脂肪酸を60%以上含む「亜麻仁油」がベースとなって作られています。

3つ目はがんのワンちゃんでも、糖質などの代わりに栄養補給できるよう、質のいいタンパク質である高消化性タンパク質、さらに高タンパクにこだわり、がんケアとして重宝されているアミノ酸、アルギニンをこう配合しています。

4つ目は、10年研究されていた犬の善玉菌アップの技術により、腸の健康を実現しました。さらに、免疫成分である「βグルカン」高含有の花びらだけを配合し、免疫力をキープできるような作りになっています。「腸」は免疫細胞の約70%が集まる器官です。腸の健康を保つことはがんや腫瘍だけでなく、その他の病気の予防にもなるのです。

犬心・糖&脂コントロール

犬心・糖&脂コントロールは愛犬の健康を考え、高血圧や肥満の対策をしたい飼い主さんにもぴったりのフードです。対応している病気・トラブルは以下の7つです。

①クッシング症候群②膵炎③甲状腺機能低下症④高脂血症⑤糖尿病⑥メタボ肥満⑦胆泥症・胆嚢粘液嚢腫

これらの7つの病気・トラブルは原因が同じで、互いの併発してしまうリスクが高くなっています。このフードはなんと人も食べられる自然原料・手作り製法で作られています。人が食べられるフードということもあってワンちゃんにも安心して与えることができますよね。

そして、7つの病気・トラブルに対応している4つの特徴があります。

①糖尿病だけでなく、それ以外の肥満、対応した疾患のワンちゃんは血糖コントロ―ルをすることが重要です。そのために、犬心・糖&脂コントロールは砂糖やブドウ糖などの血糖値が上がりやすい糖質を排除しています。排除するだけでなく、糖の吸収もブロックしてくれる食物繊維をバランス良く配合しています。この2つの方法により血糖値をコントロールすることができます。

②各疾患、健康的なダイエットのポイんてゃコレステロールや中性脂肪などの高脂血対策です。低脂肪であることはもちろん、脂肪の質にこだわることで、ワンちゃんの健康に大きな差をもたらします。このフードは健康オイルと言われているオメガ3脂肪酸を多く含んでおり、酸化を徹底的に防ぐことによって、良質な脂肪を再現しています。

③タンパク質を取り入れることはたしかに重要ですが、中でも良質で消化しやすいタンパク質を取り入れることがもっとも重要です。このフードは低温でじっくりと乾燥させ、消化しやすい生に近い新鮮な状態を実現しました。300頭近いワンちゃんの便の状態・菌の検査により、消化しやすい配合比率を研究し、原料だけでなく製造からこだわっています。

④病気・疾患、肥満には腸内環境が深く関係しています。犬心・糖&脂コントロールでは、穀物やイモ類などから犬の腸に合った食物繊維をバランスよく補ってくれ、便質の改善や腸の善玉菌の増量を実現してくれます。さらには、自社製造の花びらたけにより免疫力を高い状態へと導いてくれます。

犬心・消化器ケア

犬心・消化器ケアでは良質なタンパク源や脂肪源となる、生の牛肉・生の鶏肉・生の馬肉をバランスよく配合しています。何の肉をしようしているか明確であるため、飼い主さんも不安なく購入することができますね。肉を複数の種類使用することにより、分散させ、アレルギー対策にもつながります。

消化器系のトラブルに対応した、犬にベスト配合の食物繊維、ミネラルバランス、タンパク質・脂肪、犬の善玉菌・有胞子乳酸菌、善玉菌アップ成分の5つの健康ポイントが下痢や嘔吐、血便・犬の消化器疾患の対策を実現させます。こちらのフードはなんと2週間で犬の腸内・便質が生まれ変わるドッグフードなのです。犬の消化器系のトラブルが起きる原因は、たくさんの頻度で発生します。以下に食事による原因4つをご紹介します。

①当たり前のことですが、犬には人と異なる独自の食性があり、食物繊維には特に合う合わないが分かれます。犬に合わない食物繊維を与え続けていると、腸に負担んがかかってしまい、消化器トラブルの原因につながってしまいます。

②コストを抑えるため、質の悪いタンパク質や脂肪を使用したフードはたくさん存在します。質の悪いタンパク質や脂肪は犬の腸に負担をかけてしまいます。さらに、悪玉菌を増やすことにもつながってしまうため、腸内環境を悪化させます。

③犬にふさわしくない食生活、さらには薬害などは腸内細菌の良好なバランスを壊してしまいます。善玉菌が少なく、悪玉菌が優位になっている腸内環境は病気や疾患を引き起こします。

④胃腸のトラブルは食生活を改善しないことには改善されません。慢性的な胃腸のトラブルが続くと下痢や嘔吐によりミネラルが不足しがちになってしまいます。特にナトリウムやクロール、カリウムといった基本的なミネラルバランスが崩れてしまうと病気になってしまう原因となります。

犬心・皮膚サポート+

皮膚の病気に特化した犬心・皮膚サポート+。皮膚だけでなく、腸内環境や免疫についても考慮してつくられています。皮膚ケアの5つの特徴についてご紹介していきます。

①DHAやEPAは魚に含まれる脂質成分です。この成分は犬の皮膚炎症のケアをしてくれ、皮膚バリアの機能を健やかに維持してくれます。原料は国内で荷揚げされた、旬の生魚を使用しており、その量はなんとフード全量の約30%とふんだんに配合されています。

②ミネラル・ビタミン・アミノ酸のバランスは犬の皮膚バリアの機能において非常に重要になってきます。子のフードには、皮膚を良好に保つのに重要なビタミンB群や亜鉛を多く含んでいて、アミノ酸バランスを保つことに配慮しています。

③免疫バランスを保つ成分として、βグルカンとLPSが有名どころとして挙げられます。これらはお互いが協調しながら免疫バランスを保つことができます。犬心・糖&脂コントロールは日常的に食べるドッグフードとして世界で初めてβグルカン&LPSを共配合した商品となっています。

④熱や胃酸でも壊れない安定化ビタミンC、ココナッツ由来ビタミンE、緑茶カテキン、りんごポリフェノール、玄米のフェルラ三酸を配合しており、これらを適切にブレンドし、最適化することで皮膚酸化のストレスケアを行っていきます。

⑤皮膚の病気に腸内のケアは無関係ともっている方は少なくないのではないでしょうか?腸内のケアを行うことは皮膚病を改善してくれるため、非常に大切です。皮膚病のワンちゃんは、犬本来の腸の力が使われていません。犬心・皮膚サポート+は10根に状研究された食物繊維・難消化でんぷん・オリゴ糖の適切な配合により、日常的に与えることにより、健康的な腸・皮膚を実現できます。

<犬心・シニアサポート+>

犬心・シニアサポート+には、シニア犬に起こりやすい3大疾患、高脂肪&消化負担が問題となる疾患、脳神経トラブル、関節炎に対応したフードとなっています。

このフードには、シニア犬のサポートに特化した、3つの特徴があります。以下で3つの特徴をご紹介していきます。

①シニア犬に問題となりやすい内の1つの成分として、脂肪が挙げられます。シニア犬には低脂肪分の食事が好まれますが、その一方で低脂肪のドッグフードはどうしても繊維質が多くなってしまい、消化不良になってシムうことで、シニア犬の体の負担が懸念されていました。しかし、犬心・シニアサポート+では、消化率を基準として、原料の配合バランスだけでなく加工方法にもこだわり、低脂肪なのに消化しやすい、という性質をもったフードの作製に成功しました。

②犬心の専門家チームの研究により、シニア犬に不足しやすい栄養素は、オメガ3脂肪酸・ビタミンC・アミノ酸であることが判明しました。子のフードにおいては、これらの3つの栄養素を高吸収でき、補給できる工夫をこらし、作成しています。

③人間も同じですが、シニア犬にはは若い犬に比べ、免疫力が低いです。免疫力の低下は様々な病気を引き起こす原因となります。免疫力が高い状態を維持するには、質のいい食事は欠かせません。

犬心・シニアサポート+は自社で製造している、はなびらたけというキノコを使用しています。このキノコには菌由来の免疫成分LPSを共配合しています。はなびらたけ・βグルカンとLPSの2つの成分が合わさることで、シニア犬を免疫が高い状態へと導いてくれます。

犬心の口コミをご紹介!

<犬心・低たんぱくバランスの口コミ>

うちのワンちゃんは生後9か月で避妊手術を受けました。術後の痛みで膀胱炎になってしまい、その後ストルバイト結晶が出てしまい、病院で尿路結石専用フードを薦められました。探してみたのですが、どれも添加物などが気になってしまい、購入する気になりませんでした。そんな時、ネットで犬心さんを見つけました。

初めは低たんぱくバランスをお試し購入し、与えてみるととても食いつきがよく、もっともっと、と食欲旺盛になってくれたため、すぐに定期購入を決めました。

今、与えてから1週間程度ですが、状態がとてもよく、医師からは「一生このフードを与えてください」とも言われました。本当に素晴らしいフードなんだな、と実感しました。今後もう一頭飼ったとしても、犬心さんのフードを与えたいと思っています。こんな素晴らしいフードに出会えてうれしいです。

<犬心・元気キープの口コミ>

・口コミ1

愛犬の膀胱癌が発覚してしまいました。9歳の誕生日を迎えたばかりで、10歳を迎えることは厳しいと宣告されてしまったときは病気にさせてしまったと自分を責めました。

色々調べた結果、癌に負けない体を作るには食が1番大事なのではないかと気づきました。そんな中、犬心の癌の療法食、元気キープという名前に魅力を感じました。

4歳のころから甲状腺機能低下症の持病、糖質の代謝異常もあるため、亜麻仁油んほうが心配だったので、問い合わせをしてみました。すると、スタッフの方が丁寧に、的確にアドバイスしてくださいました。愛犬の病気がずっと不安で心配だったのですが、少しだけ不安が和らぎました。

配送も早かったため、すぐに愛犬に与えることができました。

それから迎えることが厳しいと言われていた10歳を迎えることができ、それから8カ月、元気にしています。この間も色々な治療や手術もしましたが、食欲も落ちることなく元気に過ごしてくれました。今は厳しい状況ですが、愛犬の大好きな卵焼きなどをトッピングしながら、おいしそうに食べてくれます。

・口コミ2

1年程前に、珍しいとされている耳垢腺癌になってしまいました。手術を行い、左耳は耳介を残せたのですが、鼓膜は残し耳道などは全て摘出となってしまいました。手術を行うと免疫が落ちてしまうため、落とさないように、なおかつ栄養が豊富である犬心・元気キープに餌を変えました。おかげで体調も元気にキープできており、餌を出すと早くちょうだい!と急かしてきます。健康を重視したフードはあまりおいしくないおうで食いつきが悪いのですが、犬心にしてからは非常に食いつきがよくなったため、味もおいしいようです。これからもよろしお願いします。

<犬心・糖&脂コントロールの口コミ>

・口コミ1

現在15歳のチワワを飼っていて、その子に犬心・糖&脂コントロールを与えています。胆嚢が悪く、お医者さんから低脂肪のフードに切り替えるように言われました。市販の低脂肪フードを探し、与えてみたのですがやはり食いつきが悪く、あまり食べなくなってしまいました。そこでネットを探してみたところ、犬心にたどり着きました。するととても喜んで食べてくれ、私もとてもうれしくなりました。そして、早速定期便を申し込みました!本当に出会えて良かったフードです。

・口コミ2

昨年に2歳という若さで糖尿病の診断がされ、お医者さんにドッグフードは低糖質の物を、と言われたのですが、病院の療法食の成分、原料を確認してみると意外と添加物が入っているということに気が付きました。

なるべく添加物が入っていないもの、少ないものを…と探していたところ、犬心に出会いました。

どんなに原料や成分がよくても食べてくれないのであれば意味はありません。そこで犬心さんの食いつきチェックサンプルを利用してみたのですが、食いつきがとてもよかったため、食いつきチェックサンプルはありがたかったです。うちのワンちゃんは封を開けた瞬間、早く頂戴!と飛びついてきました。糖尿病のため、インスリン注射は欠かせませんが、ご飯で少しでも血糖値がコントロールできれば、と思い愛犬も気に入ってると言うこともあって、すぐに定期コースをお願いしました。今では封を開ける前に袋を見ただけで飛んできます(笑)

・口コミ3

1年ほど前ペット健康診断で軽い高脂血症を指摘されたため、ネットで高脂血症によいフードを探していて、こちらのフードに出会いました。担当医と相談しながら与えていますが、カリカリタイプであれば、オイルコートなしの物で、手作りするなら野菜を多めにするとよいと言われました。そこで犬心さんにお問い合わせしてみたところ、カリカリを少し減らすのであれば、サツマイモをゆでて、犬心を減らした分をトッピングするといいというアドバイスを頂きました。おかげさまで、まもなく13歳になるのですが、検査状態は良い状態をキープできています。

変形性脊椎症や、股関節形成不全はフードを変える以前から患っていましたが、体重についても少し減らすことができたため、元気に歩けています。

今年のペットドッグで、脾臓に小さいですが結石が見られ、さらに定期健診で心臓の肥大も見られたため、新しい犬心シリーズのフードも続々と出ているようですので、ご相談させて頂きながら、フードの変更などもして、現状をキープできていけたらいいな、と思っています。人間も食べられるということなので、味見をしてみましたが、お魚の香りがして、脂っぽさも無く犬にとっては美味しそうでした。

<犬心・消化器ケアバランスの口コミ>

・口コミ1

うちの子は生後2カ月で我が家にやってきました。やってきた当初から便が緩く、次第に下痢→血便→嘔吐→吐血と悪くなっていき、病院に通う日々が続いていました。検査をしても特に異常と言われる点はなく、病院で様々なドッグフードを試して、アレルギーの可能性も探しましたが、改善はされませんでした。

病院通いで医療費もかさみ、どうにかしたいと悩んでいたところ、犬心さんと出会いました。最初は電話で相談したのですが、親切に対応してくださり、なんとこちらに変えてから1度も下痢や嘔吐をしていません!薬も飲まなくなって、元気になってくれました。

犬心に出会う前は、長生きできないのではないか、と心配していましたが、今はとっても活発で動いて、誰にでもなつっこく、私たちのアイドルです。本当に感謝しています。

<犬心・皮膚サポート+の口コミ>

・口コミ1

ある時体の内側を中心に舐めるようになり、赤く黒ずんだ皮膚になってしまいました。ロンパースタイプの服を着せたり、フードも変えたりしたり、病院で薬をもらったり、ストレスがかからないようになるべくお留守番も少なくして、原因不明の皮膚炎と戦ってきました。そんな中、ネットで犬心の皮膚サポート+を見つけて、すぐにサンプルを取り寄せました。うちの子は、サンプルの封筒を開けるやいなや、早くちょーだいというポーズをして来ました!食いつきも良く、おかわりをすぐにねだるの商品6袋コースを注文しちゃいました!

うちは今でも6袋コースにしていて、現在5回目です。

・口コミ2

皮膚サポートをしばらく続けています。アトピーと診断されたのが1才の頃で、それ以降、たくさんのフードを調べては試して見たのですが、開封時にくさいな、と思うものがあったり、手が油っぽくなってしまうくらい油分を含んだフードがあったり、口コミでは良いと言われていても長く続けるには…と不安になるようなフードばかりでした。病院で勧められたフードも、高額な上に油臭く、すぐに不安になりやめてしまいました。

フードも定まることがなく、アトピーも改善されないまま時が過ぎ、ようやく出会ったのが犬心でした。サンプルを取り寄せてみて、まったくべたつかないのでびっくりしました。また、恐れていた開封時のイヤな臭いもしません。

アトピーに関しては、なかなかすぐに完治!とはなりませんが、良い状態がキープできていると思います。

<犬心・シニアサポート+の口コミ>

・口コミ1

5歳の時にてんかんを突然発症しました。薬を飲み始めましたが、1カ月に1度という頻度で発作を起こしていました。てんかんは脳からくるもの、ということで、脳にいいものを調べて、手作りも試してみたのですが、良くなることはなく…。いつ発作が起きるのか分からない状態で、とても不安でした。そんな時に犬心のシニアサポートをネット知り、試してみました。初めてすぐに発作を起こしてしまったので、やっぱりこちらでもダメなのか、と落ち込んでいましたが、継続してみると現在5カ月なのですが、発作を起こさなくなりました。

てんかんは脳への負担を1割減らすとよいそうです。犬心のシニアサポートに出会えてとても感謝しています。

どのシリーズに関しても悪い声はなく、素晴らしいフードなんだな、ということを感じました。継続することでいいほうに体調がよくなった、という話も聞くので、初めは微妙かな、と思っても継続してみるといいかもしれません。